環境保護

強い品質意識は会社の各部の本能であり、それも我が社のより強い環境責任感を反映しています。有意義な方法で経済と生態のバランスを取ることは、KMDグループの最優先の任務の一つです。原材料、エネルギー及び職場などの資源の合理的な利用は、我が社の全体戦略の一つの重要な部分です。

 

KMDは銅と銅合金製品に用いられる銅加工 の長い歴史を持っています。生産工程は圧延、焼きなましと表面処理、メッキ層とほかの機械加工を含み、すなわち原材料から完成品までの全体の流れはエネルギー集約型であり、且つ資源を消費するのは避けられないことです。

 

DIN EN ISO 1004、DIN EN ISO 50001 とBS OHSAS 18001によって管理システムを実施し、この三つのシステムの重要な内容を持続的に改善しています。全体の管理職はすべての必要な資源を提供しているのを承諾しています。

責任と改善(CIP)

KMDの管理職が本政策の目標に対して投入した精力はほかの業務目標と同じです。管理職だけではなく、すべての他の従業員も会社の職業安全と健康保護、環境保護及びエネルギーの高効率の使用に対して責任を持っています。

管理システムを実施することで、持続的に職場の安全、環境業績及びエネルギー使用効率を向上させることに取り組んでいます。当社に適用するすべての法律要求と義務を守ることを承諾します。

会社の職業健康と安全、環境保護及びエネルギーの高効率使用

設計プロセスと設備操作において、 全力で材料とエネルギーの使用を減らしています。業務関係の環境とエネルギー効率を上げることに取り組み、資源の使用を最適化し、先進的な生産技術及び内部リサイクル対策を実施することで従業員の安全を確保します。それ以外、 できるだけすべての廃棄物を避け、減少または再利用しています。

汚染物と騒音の排出を減少します

汚染と騒音の排出を防止または減少し、エネルギーと原材料を有効に利用することに重視します。会社のプロセスを設計する時、高効率の補助材料または操作用品の購入と生産方法の利用をします。職業健康と安全について、我々は「ゼロ事故会社」の理念、職業関係の病気をなくすことを目標として守っています。